紙の本とKindle {結局環境にいいのはどっち?} 図書館最強説

Tablet HelplineによるPixabayからの画像

従来使われている紙の本と、Kindleだけではなく、最近よく利用している人を見かける電子書籍リーダーのどっちが環境に良いのかについて、この記事にでは書いていきます。

結論を先に言うと、どっちの媒体で本を読んでも何らかの形で環境に影響を与えます。

読む量によって環境に与える影響が変わってくるとうことが発見されています

目次

  • 電子書籍の環境への影響
  • 従来の紙で作られた本の環境への影響
  • 結局どっちが良いの?
  • どっちも使わなければ、良いんじゃない?

電子書籍の環境への影響

電子書籍が与える環境への影響は、製造の際に使われるバッテリースクリーン

充電可能な部品の製造などは、かなり環境への影響が多いみたいです。

再生不可能なミネラルや、コルンブ石タンタライトと呼ばれる物資が使われています。

現在では、コンゴ共和国がメインの発掘元になっているらしく、そしてこの鉱石を巡った問題が多々あるようです。

コルンブ石とタンタライトを巡って、違法や不正採掘だけではなく、武装勢力がこういった資源を元に得た利益を武力強化に投資し、コンゴ共和国の隣国が戦争をした時期もあったみたいです

それだけではなく、児童労働や採掘の際の森林伐採を行い、生態系に影響を与えたりと….

結構深刻みたいですね もっと詳しく知りたい人の為に、ウィキペディアのリンクを貼っておきます

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3

従来の紙で作られた本の環境への影響

紙で作られた、昔からある本の環境への影響は、紙を中心とした空気、水、土壌汚染

国や都市によって変わってくると思いますが、紙による廃棄物は高い割合を示しています

そのほかに、紙のリサイクル時にインク抜きが行われる際にも、一種の汚染がおきていると話されています。

本の作成に使われる、水もかなり使われています。

NGOのグリーンプレスによれば、一冊の本を作るの、約3リットルの水が使われている一方、一冊の電子書籍を作るのに役2杯のマグカップが使われているとされています。

結局どっちが良いの?

細かいことは良いから、どっちなのよ?

これは、あなたが読む本の量と本に費やす時間によって変わります

ただし、環境面だけです。政治面の事はここでは省きます。

結論は、もしebookリーダーを購入した場合、50冊以上の本を読めば、環境への影響を緩和できるとされています。

https://goodereader.com/blog/electronic-readers/are-reading-ebooks-on-e-readers-environmentally-friendly

Goodreader

その他に、毎日ニュースを新聞で読む人にとっては、電子書籍で読む子ことによって環境汚染を緩和できるみたいです

しかし30分以上にニュースを毎日読む場合は、紙で作られた新聞を作る際に放出する二酸化炭素量と電子書籍のバッテリーの30分間の使用料を比べると、紙で読むほうが環境に与える悪影響が少ないという論文も出されています

https://www.cesc.kth.se/news/driving-forces-behind-the-emergence-of-electronic-waste-1.430241

KTH

そしてハフポストによれば、Ebookを生産するのに約100冊分の本がを生産するのに匹敵する環境被害を生産しているようです

https://www.huffpost.com/entry/print-or-digital_b_4860403?guccounter=1&guce_referrer=aHR0cHM6Ly93d3cuZ29vZ2xlLmNvbS8&guce_referrer_sig=AQAAAFq63FK4L6cNZp4i3H5Nm-76dTVYxuvi-wcCc9g6vwxJ_qLSb3TMirHQSALN5lUokhCM42pelxogNUNy-pAF8zT8bKzcqUFDfuRg6yyv9aBOXHbXJK78giF8cPcZEdaFRLpZ25dxt_t6XRlZAu-2pvvlzYl8TlklU6wWlG5AW-8W

ハフポスト

結論として、Ebookの種類によりますが、50冊から100冊の本を買い換える前に読破すれば、環境汚染から保護している側に変わるといえます。

どっちも使わなければ、良いんじゃない?

個人的な意見ですが、どっちも使わないのがベスト 

結局100冊ebookで読んでも、環境に影響を与えているのに代わりは無いと思います。

図書館のメンバーカードに使われる二酸化炭素や廃棄物は、Ebookや電子書籍から放出される物に比べれば、かなり少ないでしょう

まとめ

  • 買い換える前に60冊から100冊をEbookで読めば、端末を作るのに放出された二酸化炭素量を緩和できる
  • 相当な量(1年で60冊以上)を読みまくる愛読者では無い限り、紙の本で読まれと方が良いかと
  • ブックオフや図書館などが、実際一番環境に良いです

https://scholarworks.rit.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=9041&context=theses

Kindle vs. Printed Book An Environmental Analysis by Dealva Jade Dowd-Hinkle

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です